<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

建物の床・壁のひび割れ対策(施工編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 建物の床・壁のひび割れ対策(施工編)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2011.04.20 ━


地震の影響による、壁や床などの浮き・ひび割れの補修方法のお問い合わせを、多くいただいております。

クラックの発生個所によっては、雨水の浸入等により建物のダメージを大きくする場合がありますので、対処のご検討をいただきますよう、お願い致します。


【ひび割れ補修工事の事例】

コンクリートの壁や





床・階段などに発生した「ひび割れ」です。





ひび割れに、目止めして樹脂を注入して補修





工程をかなり省略してしまいましたが、最後に美装して完成です。
ひび割れや浮きの状況によっては、Uカットして注入をしたり、部分的にハツリ取って補修したりもします。





次に、ビルの外壁タイルに発生した「ひび割れ」と





「はく離」です。





この場合も、タイルを剥がして下地の「ひび割れ」を補修し、再びタイルを貼り直します。

また、高所からのタイル落下を防止する工法もあり、こちらも弊社工事部で施工を承っております。


*お問い合わせは−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店

盛岡市高松2−13−10
tel:019-662-3301 fax019-662-7989
e-mail:morioka-obara@nifty.com

PCサイトからはこちらのメールフォームをご利用ください。

2011.04.20 Wednesday 18:37 | - | - | 
<< クラック注入用エポキシ樹脂 SSSボンド#1000(一般用)の出荷について | main | 建物の床・壁のひび割れ対策(材料編) >>